home@voice

 

 

縁があって、2018年9月に会社として登記し、 みんなの声を拾っていきたい と、voice がスタートしました。(2020年現在会社としては休眠中です)

   

WHO(世界保健機関)や厚労省なども、人間の健康について、spiritualityも一つの柱として掲げているように、人間存在は生物的医学的な問題だけでなく、心理、社会、精神、そしてspiritualな面でのアプローチが必須という認識がされています。 感じやすい人たちにとってはもっと前から、この、スピリチュアリティ、目に見えない何かに起因するものがある、と、

体験を通して確信されていると私は思います。

 

ここではそんな目に見えないテーマに向き合おうとしています。

 限りある命の中で、自分のココロ、感情、とどう向き合うか、どのように扱うと居心地よく生きられるのかについても考え調整するメソッドをご紹介しています。

 

ここで学んでいただくと、自然に、命の終わりを考えたときにどのように生きたいと、自分は思っているのか、など、 QOL (Quolity of life)、SOL(Sanctity of life:生命の尊厳)についても興味が向かう方もいます。

 命、人生、や、自分のココロ、感情を見ることは

現実生活から遠く離れ浮世離れしているように思えるかもしれませんが、生きている=一瞬ごと、一呼吸ごとに確実に死に向かっているわけで、実は一番みじかで重要な人生をよくしてくれる秘密が隠されたテーマだと私はおもいます。

 

21世紀を迎え物質的には満ち足りたと言える私たちは次に、

目に見えない面での成長に向かっているのではないでしょうか。 

 

 2006年にふと湧いた、Light works for 7colors 

という単語が活動のきっかけです。7の意味は7つのエネルギーセンター(太陽神経叢やホルモン腺)可視光線の7 音階の7、です。

 

いろんな色や光や音で溢れたこの世界と、より調和して生きられるような視点を変えるきっかけづくり、そんなホームができたらいいなと願いを込めて。